体脂肪を燃やすには、脂肪を分解し、細胞内にある燃焼炉「ミトコンドリア」で、エネルギーとして
消費する必要があります。
運動によって脂肪は分解されますが、そのままではミトコンドリアへは入れません。
分解された脂肪をミトコンドリアへ運ぶ役割を担っているのがカルニチンです。
カルニチンが不足すると運動をしても効率的に脂肪を燃やすことができません。

グロビンペプチド(GP)
グロビンペプチド(グロビン蛋白分解物)は、内臓脂肪の蓄積を予防し、メタボリックシンドロームの
予防、改善が期待できるものとして注目を集めています。
グロビンペプチドの特徴として、「中性脂肪」「血糖値」「血圧」に関連する働きが知られており、ダ
イエットへのサポートが期待されます。
カルニチンとグロビンペプチドの組み合わせは、余分な脂肪を運動で積極的に燃焼し、リバウン
ドしにくいカラダづくりを目指す方におすすめです。

【おすすめ】 カルニチンGP