健康体力研究所

筋肉づくりの仕組み

筋肉づくりに必要なことは、運動・休養・栄養の3本柱が整っていることです。
どれか一つでも欠けると、思うように成果がでないどころか、効果が劣る可能性もあります。
まずは、筋肉づくりのメカニズムを知り、効率よくトレーニングを行いましょう。

筋繊維の破壊と、超回復

運動により筋肉を使い強い負荷をかけると、筋繊維は一時的に壊れます。
しかし、人間のカラダには壊れた筋肉を修復する機能が備わっています。
そして、そのタイミングで適切な栄養と休養を取り入れることで、運動により壊れる前の筋肉よりも強い筋肉が再生されます。このメカニズムを「超回復」と言います。

筋肉は筋繊維の集合体でできていて、負荷をかけることで筋繊維が破壊されます。

理想パターン

超回復の時間は、個人差はありますが、だいだい24~48時間程度と言われています。
その間、しっかりと休養をとり、筋肉の材料である「たんぱく質」や「アミノ酸」の摂取を意識します。超回復が起こるのを待ってから、次のトレーニングを行う方法が理想的です。

PAGETOP
Copyright © 株式会社 健康体力研究所 All Rights Reserved.